バレル選び(重心)

前回はバレルの形状について説明致しました。 今回は重心についてです。 例えば同じストレートタイプのバレルでも、重心が違えば特徴も変わってきます。 それぞれどんな特徴があるのでしょうか。

まずは前重心。
チップ側がフライト側に対して重たくなっているバレルです。 特徴としては飛びが良い(速い)。 イメージとしてはボールを投げる感覚と言えば分かりやすいでしょうか。 軌道も直線に近い放物線を描くイメージです。 ただ、スピードが乗らないと先端が下を向いてしまい、ダーツが落ちやすくなります。 「ズドン」というイメージで投げる方には合うと思いますが、「フワッ」と投げる感覚の方には適さないかもしれません。

続いて後ろ重心。
前重心とは対照的にフライト側が重たくなっています。 特徴は投げた瞬間は若干上向きで飛び、ボードに刺さるまでほぼ平衡を保ちます。 前重心と比べて放物線も山なりに飛びやすいです。 前重心がボールを投げる感覚なら、後ろ重心は紙飛行機を飛ばす感覚とでも言いましょうか。 ある程度フワッとした放物線をイメージして投げる方には適しているかもしれませんが、 スピードが速いとリリースポイントがずれたりリリースの角度がずれたりしたときの誤差が大きくなり易いです。

前重心と後ろ重心の間、中間が重心となるセンター重心です。
特徴も長所短所も中間といった感じです。 ただ、バレル単体ではセンター重心でも、シャフト、フライトをセットすると若干後ろ重心となるのが大半です。
私はこの若干後ろ重心というのが好きで、センター重心バレルを使用しております。

一概にどれが良いかとは言えません。 皆さんのそれぞれのフォームや腕の振るスピード、力加減などによって合う合わないはひとそれぞれです。 いろいろなバレルを試してみて、自分に合ったバレルを探してみてください。 以下、広告です。前重心、後ろ重心、センター重心をそれぞれ載せておきますので、チェックしてみてください。

前重心


後ろ重心


センター重心

私も使用してます↑↑

このエントリーをはてなブックマークに追加

(前ページ)バレル選び(形状) > バレル選び(重心) > バレル選び(素材)(次ページ)


メラトニン・リキッド