クリケットのルール

初心者の方々、クリケットのルールって複雑だと思いませんか? でも覚えてしまえば全然難しくなんてありませんよ。 要は陣地を取り合いながら、自分の陣地で点数を増やし、相手よりも点数が多ければ勝ち、これだけです。 では具体的に説明して参りましょう。
クリケットは15〜20と、ブルの7つのエリアだけで勝負します。 それ以外は全て無効です。 有効ナンバーのシングルに当たると1マーク、ダブルに当たると2マーク、トリプルに当たると3マークとなります。 3マークした箇所に更に当てると、そのナンバー分が得点となります。
と、言葉にすると複雑なように思えますが、絵をみてみましょう。
クリケット1
ナンバーの左にマークが3種類付いてますね。上から3マーク、2マーク、1マークを表すマークとなります。 ブルはシングルブルが1マーク(3マーク以降は25点)、インブルが2マーク(3マーク以降は50点)となります。 どちらかのプレイヤーが一つのナンバーに3マークすることを「オープン」にする、と言います。 つまり、図のようにプレイヤー1が20をオープンにした状態で更に20のシングルに入れると
クリケット2
20点入り、この状態となります。
更に19のトリプルに入れると
クリケット3
こうなります。何故だか分かりますか?
既に19に2マークしている状態で、トリプルに当てる、つまり3マーク追加となります。 1マーク分でオープンとなり、更に2マーク分が点数となりますので、20点に19×2が加算されて58点となります。

この状態だとプレイヤー1は延々と点数を取り続けることができますが、プレイヤー2はそれを防ぐことができます。 相手にオープンされたナンバーに3マーク入れれば良いのです。 どちらかが3マークした状態をオープンというのに対し、両者が3マークした状態をクローズと言います。 クローズされたナンバーはお互いに無効となります。 相手にオープンされたナンバーに3マーク以上入れても点数は入りません。 つまりこの状態でプレイヤー2が点数を取るためには18以下のナンバーを狙う必要があります。 例えばこの状態でプレイヤー2が20のトリプル、18のシングル、18のトリプルに入れたとします。 20がクローズとなり、18に4マーク分なので
クリケット4
理解できますか?こうなると20はクローズとなり、お互いに無効となります。この状態であればプレイヤー1は19で、プレイヤー2は18で加点が可能となります。

こうしてお互いに点数を取りながらクローズし合い、ゲームが進みます。 勝利の条件は、まず相手よりも点数が多い、若しくは同点である。 そして制限ラウンドが終了するか、全てのナンバーをクローズした時点で勝利となります。
クリケットも01同様にオプション機能でハンディキャップを設定することが可能です。 ハンディキャップも2種類あり、一つは点数ハンディ、もう一つはマークハンディ。両方付けることも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

(前ページ)01ゲームのルール > クリケットのルール > 一般的なマナー(次ページ)


メラトニン・リキッド