フォロースルーの意味

グリップ、テイクバック、リリースときたら次はフォロースルーですね。
皆さんはフォロースルーについてどのようにお考えでしょうか。 私はフォロースルーは大して重要視しておりません。 というのも、良い飛びのためにはでも述べましたが、私はダーツを飛ばすために重要なのは特にグリップと腕の振りだと考えております。 フォロースルーというのはリリースの後、つまりダーツが手から離れた後の動作ですよね。 ということは、リリースまでがいつも一定であれば、例えフォロースルーがどんな形になっていたとしてもダーツは同じところに飛ぶことになります。
ではフォロースルーとは何のための動作なのでしょうか。

フォロースルーの役割

私が考えるフォロースルーの役割とは、あくまで確認作業です。 腕を振ってダーツを投げたとき、ブルを狙ったにも関わらず6寄りに刺さったとします。 そのときに初めてフォロースルーの位置を確認します。 同じ位置を狙っていればフォロースルーの位置もほぼ同じ位置に集まるはずです。 フォロースルーが普段よりも右に位置していれば、「今のは腕を振るコースがずれたんだろう」と確認します。 逆にいつもと同じ位置であれば「グリップが甘かったのかな」とか「リリースのときに若干人差し指に引っ掛かったかな(私は左投げなので。)」などと要因を考えます。 つまり、全て狙ったターゲットに当たったときは、フォロースルーはほとんど意識しません。 あくまでも狙い通りにいかなかったときの要因を見つけるための確認作業の一つです。

フォロースルーは意味が無い?

では「フォロースルーを大事に」という方は私と考え方が違うのかというと、必ずしもそうではありません。 中には全く違うこともありますが、大半は考え方自体は似ていると思っています。 「フォロースルーをいつも同じところにする」ということは、言い換えれば「腕の振り方をいつも同じにする」ということではないでしょうか。 その「同じである」ことを確認する位置が手を振り切った後の位置であるということ、これが「フォロースルーを大事に」という意味ではないでしょうか。 私も腕の振りはかなり意識していますが、その確認する位置は腕を振った後ではなく、前にします。 テイクバックしてダーツを投げる前に、グリップをキュッと締め、リリースポイントを意識します。 ここでリリースする、という一点に集中し、その点に向けて腕を振ります。 フォロースルーの位置をゴール(重要視)にすると、その中間地点であるリリースまで意識が回らなくなってしまいます。 そのため私はリリースポイントをゴールとし、そこまでに全神経を集中させます。 言葉にすれば長い作業ですが、実際の動作は一瞬です。 一瞬の間に腕の振り、リリース、テイクバックといろいろなことに意識を置くとどこかが疎かになりがちです。 どこに意識を置くかで大きくフォームにも影響を与えますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

(前ページ)理想のリリース > フォロースルーの意味 > スタンスの種類(次ページ)


メラトニン・リキッド