ラインイメージ

上級者の方に「上手くなるには?」と尋ねたら必ずと言って良い程「ラインイメージ」という言葉が出てきます。 簡単に言うと、狙ったターゲットを点で見るのではなく、ターゲットに刺さるまでの線で見なさい、ということです。 ダーツはリリースからターゲットに当たるまで、直線で飛ぶことはありません。 必ず、放物線を描いて飛んで行きます。 その放物線をイメージして、できるだけ沿わせてやるように投げることで安定した飛びを続けることができます。 では実際に投げたとき、次の2種類の飛びではどっちがより効果的な練習になるでしょうか。
ラインイメージ1
ラインイメージ2
上の図は自分のイメージした軌道に近い放物線を描いたが、狙ったターゲットを外した状態。 下の図は自分のイメージした軌道とはずれたが、狙ったターゲットに当たった状態です。 分かりますか?
私がより効果的な練習になると考えるのは上の方です。 試合では結果が全てですので、例え下の図のような軌道でも入れば良いのですが、練習においては結果よりも軌道が大事です。 もちろん、ターゲットを外しているので細かい修正は必要ですが、例え下の図のようにイメージとは違う軌道で入っても良しとはせず、よりイメージに近い放物線を描くよう修正して投げます。
例えばすっぽ抜けてイメージしたラインより上に飛んだが、スピードが無い分落ちた結果狙ったターゲットに刺さったとします。(下の図の上の軌道の状態) これは、ずれをずれで解消しているだけで、ブルに入ったのはたまたまですよね。 ブルに入ったのは良いですが、次も同じようにブルに入れられますか? 仮に同じようにすっぽ抜けてブルに入れることができたとしても、次の日も同じように投げることができますか? おそらく不可能でしょう。 それならば毎回同じラインをイメージしてそれに近づけるように練習した方がより効果的と言えるのではないでしょうか。 とにかく、最初のうちは入った入らないの結果に左右されず、ラインをしっかりとイメージして投げることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラインイメージ > 基本はBULL(次ページ)


メラトニン・リキッド