「飛び」って何?

よく上級者の方が「あの人の飛び凄く良いね」とか「今日は飛びが悪いなぁ」とか言ってるのを聞いたことがありませんか? この「飛び」って何か分かりますか? 漠然としたイメージはあるかもしれませんが、言葉にすると難しいですね。 私の思う「飛び」とはいかに力のロスを少なく投げられるか、ということです。
よく野球のようなフォームで力いっぱい投げている人がいますよね。 力いっぱい腕を振れば速く飛ぶのは当たり前ですが、ここで言う飛びの良い人というのは、 最小限の力で効率良くダーツに力を加えることのできる人のことです。 当たり前のようですが、プロの方は皆飛びが非常に素晴らしいです。
9darts.tvでいろんな人の投げ方を見てください。 予選から準決勝の試合ではあまり見ることができませんが、決勝戦の映像であればたまに斜め後ろや横からの映像が見れます。 多分皆さんの想像以上に矢の飛ぶスピードが速いと思います。 しかしそんなに力いっぱい腕を振っているわけではありませんよね。 これは腕の振る力を効率良くダーツに伝えられているからなのです。 特に大崎裕一選手や鈴木猛大選手なんかはほんとに楽に投げていますよね。 (二人の試合映像はこちら) こんな風に楽に飛ばすためには様々な要素が絡んできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

(前ページ)基本はBULL > 「飛び」って何? > 良い飛びのためには(次ページ)


メラトニン・リキッド